あなたもいつでも学べるWeb講座で、本質から変われて、毎日・人生が変わる効果のマインドフルネス瞑想をマスターしませんか。入門コース399円~指導者養成コースまで

入門コース399円中 →

本来、マインドフルネス瞑想は、前ページで説明したように、自分の心の主人になれて、いつも心は平安で、より良く生きられ幸福になれるものです。日常の自分のあり方が根本的に変わり毎日が人生が変わります。

でも、日本ではマインドフルネス瞑想をしていても本来の効果まで得られている人は数パーセント。リラックスや集中できるようになれた、ストレスに強くなってきたなどの人が2割、8割近い人はそういう効果も得られず、瞑想難民という状態になっている人も増えています。

アメリカでは、8%の人が鬱病やパニック障害のような状態になって困るようになっているという報告もされています。

マインドフルネス瞑想のやり方・取組み方は、本来のものが加工され別のものも付けられ、本来の効果まで得られるやり方・取組み方ではないことが多くなっています。

教える人はブームに乗って急激に増え、瞑想をそれほどしたことがなく教えている人も多く、本来の高い効果まで得て教えている人はあまりいません。

多くの場合、ほとんどの場合、安易な教え方がされていて、瞑想の力・技術がしっかりつき、本当の効果まで適切に得られる教え方はほとんどされていません。

この講座はマインドフルネス瞑想の習得のリスクを全て解決

この講座は上記のような状況をとても残念に思い解決したいとつくりました。そのための内容や仕組みに徹底的になっていまず。だから受講者の満足度がとても高いです。

累計受講者数400人以上

日常生活をしながら



着実に効果を高く
マインドフルネス瞑想を




習得する理想を実現

最高のレベルのプロの
ノウハウを習える

第一に、どんな人から習うかが重要です。マインドフルネスの本当の効果を適切に得られるようになるには、教わる人をちゃんと選ぶことが重要です。

この講座を開発・サポート指導を担当しているのは、弊社・瑞雲の代表の森信人(もりしんじん)です。代表は柔道でいうとマインドフルネスの最も高い段の赤帯レベルです。

マインドフルネスは仏教のあることが英訳され、その瞑想法は坐禅、サマタ瞑想、ヴィパッサナー瞑想が根本です。近年、それをまずストレス緩和・医療目的で加工したものができ、それをさらに心理療法やビジネスの目的で加工したものが出てきました。

代表は、根本を本場で本格的に修行したうえに、近年の特定の目的に加工されたマインドフルネス瞑想も習得しています。

得度式で板橋興宗禅師と

坐禅の曹洞宗の元管長の板橋興宗禅師の元で禅僧になり僧堂生活を送り修行しました。そして、日本で合宿に参加してサマタ瞑想と簡易なヴィパッサナー瞑想を習得しました。

最も重要なヴィパッサナー瞑想は、さらに本格的なものを本格的に究めたいと本場のミャンマーに行って、洞察の智慧が現れるまで、本質的な自己変容が起きるまで、常にマインドフルネスな状態にいる人になるまで修行してきました。

ミャンマー

その後、帰国して、近年のストレス緩和や心理療法、ビジネス用に加工されたマインドフルネス瞑想も学び、日々4時間以上、マインドフルネス瞑想に取組み指導しています。

希少なマインドフルネスの効果まで得たノウハウで指導

例えば、マインドフルネス瞑想を教えている一般的な人は「怒りの感情をコントロールできる」と説明し「怒りの感情が現れることがなくなる」とまでは説明しません。

しかし、本当のマインドフルネスは「怒りの感情が現れることがなくなる」までの効果があり、代表はここまでの効果を得ているので、そう指導します。

この講座では、代表がこれまでにしてきた経験、得てきたノウハウを最大限に活かし、マインドフルネス、マインドフルネス瞑想をていねいに詳しく期限なしでお教えします。

いつでもプロによる
Webサイトの教材で学べる

一般のマインドフルネス瞑想の講座やセミナーは、中身が少なすぎます。そのうえ受講する日時が限定されてしまっている場合がほとんどです。

それでは、一般の暮らしをしながら、きちんと本当の効果が得られるようにマインドフルネス瞑想をできようになることは困難です。

この講座は、プロ中のプロの代表によるテキスト、動画、音声ガイドが受講用のWebサイトに収められていて、スマートホンやパソコン、タブレット端末で、いつでもどこででも学べます。利用期限もありません。

マインドフルネス瞑想のとても充実した教材

教材をWebサイトに収録するようにしたことで、口頭では伝えきれない量、詳細な内容まで学べるようになりました。

現在、テキスト145項目、動画47本、音声ガイド9本の充実した内容です。さらに内容を更新したときはすべての受講者が最新のパーションをすぐ利用できます。

必要な知識・瞑想方法はすべて網羅されています

一般的な講座などは限られた知識・瞑想法が教えられる程度ですが、この講座ですべて足ります。習得できる知識・瞑想方法の豊富さ・レベルは、一般の講座などではまずないものです。本当のマインドフルネスになるためのものはすべて入っています。

集中の瞑想と気づきの瞑想の坐る瞑想や歩く瞑想、日常の瞑想、食べる瞑想、気づきの瞑想はさらに中級と上級、またポティスキャン瞑想、手動瞑想、慈悲の瞑想などもすべてレベルを高く学べてマスターできます。

日常生活で瞑想を役立てられるやり方も様々できるようになれます。

ていねいで詳しい内容、本格的な深い内容まで

教材はすべて代表が制作しています。詳しく本格的な内容まで、できるだけていねいにわかりやすくお伝えしています。

特に瞑想のやり方・取組み方は、一般の説明は抽象的だったり詳細でないことが多いですが、個々の瞑想法のやり方・取組み方それぞれで詳細にていねいに説明しています。

レベルを高く瞑想できるよう一般には教えられることのほぼないレベルの知識も得られます。

必要なときにいつでも



個別のサポート指導

日本でマインドフルネス瞑想を習う時、継続的な個別指導がないことが問題です。瞑想の本場ではありえないことです。

瞑想は同じ瞑想に取組んでも人それぞれ様々な疑問や課題が出てきますし、人それぞれ様々な状態になります。時には思うように進めなくなることもありえます。

瞑想の習得はプロに正しくできているかのチェックや進め方をアドバイスをもらったり、わからないことを質問できることで大きな差ができ、安全の確保もできます。

メールやZoomで必要なときいつでも

必要なときいつでもメールやZoomで、代表の個別のサポート指導を受けられます。受けられる期限はありません。わからないこと、不安なことはすぐに質問や相談できます。

サポート指導は必ず代表がしています。大手の通信会社では監修は著名な禅僧だけれど、サポートは会社の普通のスタッフのようということがあるようですが、そういうことはありません。

ミャンマーでは大寺院でもその寺院のトップのサヤドー(長老)が一人ずつサポート指導してくれます。瞑想は熟練者でなければ正しく指導できるものではありません。ですから、瑞雲では代表が必ずします。

カウンセラーでもあるサポート指導を受けられます

代表は自分自身の瞑想の経験が豊富で、たくさんの人を指導した経験があるので、様々な状況に適切なアドバイスが可能です。

また、最先端のビジネスに携わっていたり、一人親で娘さんを4歳から20年育ててきた経験、心理カウンセラーなどでもあるので、そういう面も活かした指導もしてもらえます。不眠症を克服した人、長年、通っていた心療内科に通わずに済むようになった人などもいます。

マインドフルネス瞑想の



最適な学習の形

日本では、複数の人で同時に同じことを学んで進んでいく学校の授業のような教え方がされることがほとんどですが、瞑想の習得、力の開発はそれは適切ではありません。

瞑想は取組める回数や時間、力のつくスピードは人それぞれ違い、取組みにより現れる体験や状況も人それぞれで、そのそれぞれに合わせた習得の進み方をする必要があります。

本場と同様に一人ひとりの確実な習得を大切に

本場の場合は、一人ひとりの進展が大切にされます。そのための学習の形があります。

個別に、瞑想の方法を学ぶ、それを取組む、サヤドーに取組みの内容・状態を報告しチェック・アドバイスをもらう、次の瞑想の方法を学び取組む、サヤドーに…というサイクルで進みます。

瑞雲のこの講座は、いつでも学べる教材の収められたWebサイトと、いつでも受けられる個別のサポート指導で、本場と同様のサイクルで学習できます。

効果の確かな
マインドフルネス瞑想を



マスター

マインドフルネス瞑想は本来のやり方がストレス緩和や心理療法、ビジネス目的のために変えられ、関係のないものもつけられ、様々なやり方のものがあるようになっています。中にはマインドフルネスの瞑想とは言い難いがたいものもあります。

そのような影響もあり、マインドフルネス瞑想をしていても効果を得られない、本当の効果を得られない人が大勢います。危険な状態になって困っている人もいます。

そういう状況から本来のマインドフルネスの瞑想を習う人が日に日に多くなっています。

本来のマインドフルネス瞑想をしっかりマスター

この講座は、マインドフルネスの瞑想の根本のやり方をしっかり守った本来のマインドフルネス瞑想をしっかりマスターできます。

マインドフルネスの本当の高い効果は、気づきの瞑想と集中の瞑想それぞれをしっかりレベルが高いものに取組むことで得られます。

この講座は、本来のマインドフルネス瞑想のやり方をしっかり守った集中の瞑想と気づきの瞑想を、基礎から力をつけて本場で修行するレベルまでできるようになれます。

その効果は、特定の目的に加工されたものの効果も含んでいます。生きること全般にわたる広く深く高い効果を得られます。

良心的な料金設定

世の中は、オンラインセミナーなどで簡易なことで4、5回で4万円近くしたり、食事の瞑想や慈悲の瞑想・共感のエクササイズだけで数回で3万円や4万円したり…

この講座は上記の特長があって、下記でプログラムの内容も紹介しますが、とてもていねいで総合的・本格的な内容です。

この講座だけで全部足ります。それでこの料金はありがたいとよく言われます。

なぜ、そうしているのか?

代表自身がマインドフルネス瞑想で生きる技術と力を持てて変われて、はっきり毎日・人生をとても生きやすくなって助かっているからです。

本当のマインドフルネスの素晴らしさ、貴重さを心底知っているので、より多くの人にそうなってほしいと心から思うからです。

大事なことを399円からスタートもできます

本当の効果を得られない、瞑想難民になる人が多いのは、一般に説明されていたり、されていることにそうなる落とし穴があり、それにおちてしまう人が多いからです。

なので、それを防ぐ役に立ちたいと「入門コース」もつくり399円で公開中です。

着実に高く


マインドフルネスの
本当の力がつく内容

瞑想の力はしだいにつくものです。いっそくとびに本当の効果かあるように瞑想をできるようになること、本当のマインドフルネスの力がつくことはけしてありません。

でも、一般にはそのことを考慮した教え方がほとんどされていないのが現状です。

瞑想の習得はきちんと構成されたプログラムに取組まないと、本当の効果を得られるようにできるようにはなれず、危険度も高くなります。

本来のマインドフルネス



瞑想の

希少な体系的・



総合的プログラム

体系的とは必要な複数のことが目的を達成するため合理的に段階的に構成されているということです。

この講座は本当のマインドフルネスの効果を得られるように様々な知識と瞑想法が合理的に配置され、段階的に瞑想の力、マインドフルネスの力がつく総合的プログラムです。

本当のマインドフルネスの力が着実に高くつく8ステップ

マインドフルネス瞑想も例えばピアノのように基礎、中級、上級と順にレベルの高い瞑想法に取組み力をつけるのが適切な当然の習得です。

この講座は8ステップで基礎、中級、上級になっています。この後すぐ紹介しますが、これほどていねいで段階をふんで詳細な講座やセミナーはまずないはずです。

そうして今まで瞑想をしてきた人、瞑想が初めての人も、本場で修行するレベルのマインドフルネス瞑想までマスターしてマインドフルネスの本当の効果を高く得られます。

プログラムの詳細

8ステップのプログラムの詳細、テキストの主な項目を紹介します。

基礎編

本当のマインドフルネスの効果を得ることができるよう、必須の基本知識を取得し、瞑想のための日常の土台を開始、そして瞑想実践のための大事な基礎づくりや瞑想の習慣化に取組みます。

現在、ステップ1の内容は、入門コースとして399円で公開もしています → こちら

なお、瞑想の取組みを早めに始めたい人は総合コースまたは指導者養成コースから受講をはじめています。

本当のマインドフルネスになるための正しい知識の取得

本当のマインドフルネスの効果を得られるようになるには、マインドフルネス、マインドフルネス瞑想について、そのための理解をしっかりとしておく必要があります。

一般的に言われているマインドフルネスやマインドフルネス瞑想の意味やされているやり方・取組み方には不足や間違いがあります。

さらにリスクや注意点をはじめにきちんと知っておくことが大事です。

マインドフルネスの瞑想に取組む準備

瞑想に取組むために必要なこと・必要ではないことがわかります。一般では無駄なことや弊害となることがされている場合が少なくありません。

マインドフルネスの瞑想に取組む土台のスタート

瞑想をスムーズに取組め、正しい方向性での効果を高める日常の土台を開始します。一般には教えてもらえることはほとんどありませんが、この土台を心がけるかで差ができます。

テキストの主な項目
  • マインドフルネスとは 歴史から適切な確認
  • 最近の状況とリスク、危険性
  • マインドフルネスの本当の効果
  • マインドフルネスの理解の注意点(1~3)
  • マインドフルネスの本来の意味
  • マインドフルネスな本当の本来のあり方
  • マインドフルネスの力を開発する正しい方法
  • マインドフルネス瞑想で効果のために重要なのは
  • 必須・重要なことを確実に満たす瞑想法を
  • マインドフルネスの2種類の瞑想法(1~3)
  • マインドフルネス瞑想のやり方の最重要ポイント
  • マインドフルネスの瞑想と禅の坐禅の違い
  • 今ここ、今この瞬間、禅とマインドフルネスとは違う
  • 安全に確実に効果を得るために(1、2)
  • 瞑想の取組みの留意・注意点(全般)
  • 瞑想に取組む時間の長さ
  • 禅病・魔境について
  • マインドフルネス瞑想に取組む準備
  • マインドフルネス瞑想実践の日常の土台

動画5本

マインドフルネス瞑想の実践の基礎づくり

ステップ2は、瞑想の実践に入ります。マインドフルネスの瞑想全体のための基礎トレーニング、基礎づくりをします。

瞑想の実践を開始するときに基本の呼吸方法や取組み方の型などの基本の習得をするかしないか、また瞑想することの習慣化に取り組むかどうかでで、全体の習得のスムーズさや効果に大きな差が開きますので、ステップ2はそのことに取組めるようになっています。

基本の呼吸方法の訓練

この呼吸方法をきちんとできると瞑想の効果は一段と高くなります。ですから、最初に訓練ができるようになっています。

坐禅、禅的な歩き方で基礎トレーニング

そして、奥は深いですが取組み方としてはシンプルなので、禅の坐禅・歩き方で、マインドフルネス瞑想の呼吸のし方、心の持ち方、坐る瞑想、歩く瞑想の基本を習得するとともに、瞑想に取組む習慣づけ、集中の取組みをはじめます。

坐禅は本格版、簡易版、寝た体勢での方法を学べます。一般的な説明以上にきちんと坐禅をできるようにもなれます。

日常の禅的な歩き方と禅の歩く瞑想の経行(きんひん)を学べます。なお日常の禅的な歩き方は今後ずっと日常生活で役立ちます。

慈悲の瞑想を大切にていねいに習得開始

慈悲の瞑想をはじめます。慈悲の瞑想は心の安定、やすらぎなどのためにすぐれた効果があり、古来からマインドフルネスの瞑想とセットで取りくまれるものでもあります。

この講座では、慈悲の瞑想、他の瞑想がしっかりできるようになることを考慮して、慈悲の瞑想を4段階でマスターします。ステップ2はレベル1で最も重要な核の部分です。

テキストの主な項目

禅の坐禅・歩き方で基礎

  • 基本の呼吸方法の練習
  • 集中を助ける方法
  • 呼吸の状態の4種類
  • 禅 坐禅-本格版のやり方
  • 禅 坐禅-簡易版のやり方
  • 禅 寝た体勢でのやり方
  • 坐禅中の心の持ち方
  • 日常の禅的な歩き方
  • 禅の歩く瞑想 経行(きんひん)

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想とは
  • 慈悲の瞑想の効果
  • 慈悲の瞑想のやり方の基本
  • 慈悲の瞑想レベル1

<参考テキスト>

  • 呼吸を整える・集中を高める特殊訓練
  • 禅 坐禅の関連の作法
  • 坐禅の奥義書に見る坐禅のやり方
  • 道元禅師「普勧坐禅儀」全文
  • 慈経 原文と日本語訳

動画5本、音声ガイド2本

中級編

一般のマインドルフルネス瞑想以上をマスター

中級編でも、一般に世の中でされているマインドフルネス瞑想より本当のマインドフルネスになるために的確で効果的なやり方のものです。

この講座は、それを基礎から段階を踏んで力を開発してきちんとマスターするので、一般以上にマインドフルスの高い効果を得られるようになれます。

中級編の概要

基礎編による学びと力をもとに、この講座は最も質が高く効果的なマインドフルネス瞑想をマスターする講座として、本来のマインドフルネス瞑想の瞑想法を習得します。

まず、集中の力と心の静まりを高める技術と力を持つため集中の瞑想をサマタ瞑想で習得します。サマタ瞑想による技術・力はマインドフルネス瞑想全体を高め、ふだん日常でもとても役立ち一生ものです。

次に、集中瞑想のサマタ瞑想による集中の力と心の静まりを活かして、気づきの瞑想を本来のマインドフルネス瞑想のヴィパッサナー瞑想で習得を開始します。

なお、8つのステップのこの講座全体としては、気づきの瞑想・ヴィパッサナー瞑想は、中級コースのものは簡易版、上級コースのものは本格版という呼び方をしています。

集中の瞑想の取組み、力が、気づき瞑想をしやすくし、効果的にもするので、まず、ステップ3で集中の瞑想のサマタ瞑想の習得をします。

本来のマインドフルネスの集中の瞑想を習得

サマタ瞑想の呼吸集中瞑想を習得

呼吸集中を最もしっかりできる集中の瞑想のアーナパーナを習得しマスターします。

アーナパーナの基本からはじめて、アーナパーナの坐る瞑想、日常で訓練する方法・活用する方法、歩く瞑想、食べる瞑想を学んでできるようになります。

日常で訓練・活用する方法はすぐでき日常生活で集中の力を開発できて、さらに日常生活で必要なときすぐ集中や心を静めたりネガティブな思考から抜け出せるようになれます。

正しく高く効果を得るためのマインドフルネスを学ぶ

近年の流行型のマインドフルネス瞑想に取組んでいて適切な方向で効果を得られない問題が科学的調査の報告でもされています。瞑想の効果が適切な方向で現れるようにするには、瞑想以外の日ごろのことが重要です。

本来のマインドフルネス、マインドフルネス瞑想がセットとして含まれている仏教の八正道(はっしょうどう)を知ることができます。

八正道は宗教ではなく、私たちが苦悩が少なく幸福に生きるための現実的・合理的なノウハウ。マインドフルネス瞑想とともに実践すると、マインドフルネス瞑想もいっそう効果的なものになります。

テキストの主な項目

サマタ瞑想のアーナパーナ

  • アーナパーナとは
  • アーナパーナのメリット/目的
  • アーナパーナの基本
  • アーナパーナ 坐る瞑想
  • アーナパーナ 日常の活用法
  • アーナパーナ 日常の訓練法
  • 呼吸を大切にしていきましょう
  • 心の静まり・集中の段階
  • アーナパーナ 歩く瞑想1
  • アーナパーナ 歩く瞑想2
  • アーナパーナ 食べる瞑想

八正道ついて

  • 四聖諦
  • 八正道の内容

動画4本、音声ガイド1本

マインドフルネス瞑想のメイン、気づきの瞑想の習得に入ります。この講座は気づきの瞑想を中級編は簡易版、上級編は本格版を習得します。

簡易版としてますが、一般にされている以上にマインドフルネス瞑想を質が高く効果が高くできるようになれます。

本来のマインドフルネスの気づきの瞑想を習得を開始

ヴィパッサナー瞑想の簡易版を開始

サマタ瞑想としっかり違う取組み方ができることが大事ですから、まずサマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想の概要と違いを学びます。

その上で、ヴィパッサナー瞑想はどのようにするものか説明してあります。効果も学ぶことで、より適切に取組めるようにしてあります。

そして、ヴィパッサナー瞑想の簡易版の坐る瞑想、歩く瞑想、日常の動作への気づき、食べる瞑想、関連する瞑想として気づきの開発の手動瞑想を学んで取組めます。

テキストの主な項目

ヴィパッサナー瞑想・簡易版

  • サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想の違い
  • 瞑想中の特異な現象で魔境に注意
  • ヴィパッサナー瞑想の気づきのし方
  • ヴィパッサナー瞑想で気づきをする効果
  • 坐る瞑想の基本
  • 坐る瞑想
  • 歩く瞑想1
  • 歩く瞑想2
  • 日常の動作への気づき
  • 食べる瞑想
  • 手動瞑想

動画5本、音声ガイド1本

2種類のボディスキャン瞑想を習得できます。この講座の簡易版と本格版のやり方はいずれもヴィパッサナー瞑想のやり方を守り、効果の高いものです。

2種類の効果的なボディスキャン瞑想を習得

ヴィパッサナー瞑想のボディスキャン瞑想

簡易版はマインドフルネスの気づきの力をとても高めやすく、さらに心身の癒しにも効果的で、日常の暮らしに組み込みやすいく日常で活用できる方法も学べすぐ活かせます。

本格版は、全身の体の部位を細かく順に感じていくボディスキャン瞑想です。日本では京都や千葉で10日間の合宿で学ぶゴエンカ式と同等のものができるようになれます。

本格版のようなボディスキャンは、この講座はこのステップまでに集中の力を養い、体の部位に注意を向けることもしてるのでしやすいですが、そうしないですると難しいです。

慈悲の瞑想をレベル2に

ステップ2からはじめている慈悲の瞑想をレべル2にします。瞑想だけでなく慈悲とは何か、どのように実践したらよいかも学べます。

テキストの主な項目

ヴィパッサナー・ボディスキャン瞑想

  • ボディスキャン瞑想の効果
  • 簡易版
  • 日常の活用法
  • 本格版レベル1
  • 本格版レベル2
  • 鋭く凝固した感覚や激痛などへの活用
  • トラウマのような記憶の癒し
  • 心身の現象と「気づき」

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想レベル2
  • 慈悲とは
  • 慈悲の実践-無財の七施

動画3本、音声ガイド2本

上級編

マインドフルネス瞑想を最高レベルでマスター

上級編のステップ6~8で、基礎編・中級編でついた技術と力を土台に、本場で修行するレベルの本来のマインドフルネス瞑想の瞑想法をしっかりマスターします。

知識も技術も力も本格派のマインドフルネス瞑想家になれ、毎日の自分のあり方がしっかり変わり人生が変わる本当の本来のマインドフルネスの効果をとても高く得られるようになれます。

上級編の概要

マインドフルネスのための力の開発にひじょうに適し高められ、心の浄化や脳の変化にもとても効果的で、智慧を会得できる可能性も高い本格版のヴィパッサナー瞑想を習得します。

本格版のような方法は、日本では本場の僧という人によって教えられていはしますが、その内容はとても残念なものです。本場のミャンマーで修行するときのサヤドー(大長老)の指導とはレベルがまったく違います。

瞑想の力をつける段階もまったく踏まず、1時間たらずの雑な説明なとでとても安易に教えられています。残念です。

そのため、しているつもりになっている程度の人が多く、的確に効果の得られるように取組めて本当の効果を得られている人はとても少なく、心身の状態に異変が起きて困ることや瞑想難民になる可能性が高くなっています。

この講座では安全にしっかり的確にできるようになり、しっかり効果を得られるよう、ここまでのステップがあり、その上でさらに上級編でていねいに学んで取組めます。

マインドフルネスの力がひじょうに高くつく瞑想方法

ヴィパッサナー瞑想の本格版の習得を開始

ここまでの取組みでできるようになってきたこと、ついてきた瞑想の力が、本格版を的確にできるようにしてくれて効果を確実に高いものにします。

さらに、このステップで詳細にやり方を学べ、他ではめったに学ぶことのできないレベルの理解もして、特徴ややり方の基本をしっかりと理解できます。

そして、まず坐る瞑想のやり方を学んで取組みます。なお、歩く瞑想なども同時に本格版にしたい場合は、ステップ6と7を一緒に取組むようにします。

テキストの主な項目

ヴィパッサナー瞑想・本格版

  • ヴィバッサナーの気づきの対象
    四念処
    身随観
    受随観
    心随観
    法随観
    自分の外より内に
  • やり方の特徴
  • ラベリングのやり方
    タイミング
    使う言葉のコツ・種類
    使う言葉の例
  • 瞑想中の体の痛みなどの感覚と忍耐
  • 坐る瞑想の基本
  • 坐る瞑想
  • ボディスキャン簡易版のレベルアップ

動画3本、音声ガイド1本

ヴィパッサナー瞑想の本格版を深める

瞑想方法を増やしさらに本格的に

本格版を瞑想法を増やしさらにきわめます。歩く瞑想、日常の動作への気づきと食べる瞑想の取組みをはじめます。これらは本場の修行ではとても重視されます。

このステップはレベル1です。歩く瞑想はレベル2にも取組みます。ますます気づきの習性・力が高くなり、マインドフルネスの瞬間瞬間への気づきができるようになれます。

慈悲の瞑想をレベル3に

そして慈悲の瞑想のレべル3をはじめます。

テキストの主な項目

ヴィパッサナー瞑想・本格版

  • 歩く瞑想レベル1
  • 日常の動作への気づきレベル1
  • 食べる瞑想レベル1
  • 歩く瞑想レベル2
  • 心の現象と気づきの細密さ・強さ
  • プロセスへの気づき

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想レベル3
  • 慈悲を行う心の純粋性

動画4本、音声ガイド1本

ヴィパッサナーの本格版をいっそうレベルアップ

心に気づく力を一段と高める

日常の心への気づきに取組みはじめ、歩く瞑想をレベル3と4、日常の動作への気づきと食べる瞑想をレベル2にレベルアップ。マインドフルネスの力をいっそう高めます。

より良い生き方をできるようになり幸せに暮らしていくには、日常の中で自分の心に気づけて制御できるようになることが重要ですが、そのためにひじょうにプラスになります。

慈悲の瞑想の最終レベルアップ

慈悲の瞑想をレべル4にします。そのほか慈悲の瞑想について主語や文章の工夫や応用のし方も紹介しています。

さらなる飛躍のために

あなたはステップ1に取組みはじめた頃とは段違いの力がつき、レベルの高いマインドフルネス瞑想を適切にできるようになれ本当のマインドフルネスな人になってきています。

よりいっそう取組んで究めていかれるように、効果や活用の仕方、さらに取組みを続けてレベルが高くなってくるとどのようなことが起きるのかを学んでおきましょう。

また、今後どう取組んでいったらよいかの参考を説明してあります。

テキストの主な項目

ヴィパッサナー瞑想・本格版

  • 歩く瞑想レベル3
  • 日常の心への気づき
  • 歩く瞑想レベル4
  • 日常の動作への気づきレベル2
  • 食べる瞑想レベル2
  • 心身の現象と気づきの関係

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想レベル4
  • 文章の工夫
  • 文章の応用
  • 慈悲の瞑想の元の慈経

さらに究めて活かしていきましょう

  • 日常と人生の助け・向上に
  • 癒す力に
  • 心の汚れへの対策に
  • 人として根本的・本質的に変化できる
  • ものごとの法則・道理の悟り

ヴィパッサナーによる洞察の智慧

  • 名色分離智
  • 縁摂受智
  • 思惟智
  • 以降の洞察智
  • 今後の取組み方の参考

動画4本、音声ガイド1本

コース

入門コース(ステップ1他)

ステップ1と2の基礎編の中のステップ1の内容と追加の記事になっています。

同じものが次の総合コース、指導者養成コースの受講用サイトにも入っていますので、瞑想の具体的な取組みに早めに入りたい人は、入門コースでからではなく、総合こーすまたは指導者養成コースから受講を始めています。

総合コース(ステップ1~8)

基礎から中級そして上級と、着実に知識と瞑想の技術と力をつけて効果も得ながら、本場で修行するレベルの本来のマインドフルネス瞑想の瞑想方法まで効果的にできるようにマスターできて、本当のマインドフルネスの効果を得た本格派のマインドフルネス瞑想家にまでなれます。

指導者養成コース(ステップ1~8)

総合コースの内容を自分自身がしっかりと進みながら、並行して他の人はどのような状態になったり疑問・課題を持ち、どうするかも知り、それをまた自分自身の向上にも活かしながら、指導者としてのしっかりとした知見を持てます。指導者になってからのアフターフォローも受けられ安心です。

自信を持て信頼される指導者になっていただくために、お一人ずつに十分な指導をできるよう受講の人数を増やさないようにしているため、新規の申込は5名までに限っています。

次の項目へ

受講者の感想

次の項目へ

受講の申込方法

ある企業から8万円で販売したいという申し出がありました。これだけていねいで本格的・総合的なプログラムは他にはないので、ぜひにということでした。お断りしました。

マインドフルネスの瞑想で安心・幸せに暮らせるようになってほしいのに、そんなに高額ではとても限られた人だけになってしまいます。それでは講座をつくった意味がありません。

この講座は禅寺に幾度か通って京都や千葉にある10日間の合宿に参加するなどして、さらにミャンマーなどへ行って修行するのと同様に本来のマインドフルネス瞑想をマスターできます。

それだけするとかなりの金額になりますが、同様の習得を自宅にいながら多くの人にしてほしいと願ってつくり運営しています。

申込から受講開始までの流れ

下記から申込の種類を選んで、お申込と受講料のお支払の手続をお願いします。

お支払手続が済むと、受講用サイトの利用手続のメールをすぐに送ります。通常、お支払手続の当日または翌日には受講を始められます。

お支払手続の方法

お申込・お支払手続は、決済代行会社の仕組みを使う方法と、直接、弊社に申込、銀行振込する方法があります。

決済代行会社のSTORESでのお支払は、クレジットカード、コンビニ決済、Paypal、楽天ペイ、PayPay残高でできます。

クレジットカードの分割払が必要な場合は、お支払手続後に各クレジットカード会社のリボ払いで分割払をご利用ください。

入門コース

  • ステップ1と追加記事の受講用サイトに
  • 内容への質問へのメールでの回答は何度でもと50分のZoom相談1回無料付
  • 399円

総合コース

総合コースは、ステップ1~8の受講用サイトにサポート指導は通常はオプション。今はお得なセット中ですので、セット無しにするか・ありにするかを選んでください。

サポート指導の通常のオプション料金は

  • メールは2往復5,800円、1カ月回数自由16,000円
  • Zoomは1回30分5,000円、60分10,000円、90分15,000円
サポート指導セット無し
  • 29,800円
  • サポート指導は上記の通常料金
サポート指導お得なセット付

サポート指導は着実にマスターし高い効果を得るために大切ですので、お得なセット付をおすすめします。

  • 45,800円

セット無しに+16,000円で、サポート指導が次の通りお得にセット

  • メールは、通常、回数自由1カ月16,000円が2カ月回数自由32,000円分付、さらに3カ月目からも1カ月5,000円
  • Zoomは、通常1回30分ごとに5,000円がずっと50分5,000円

指導者養成コース

詳細はこちら

お申込・お支払手続へ

手続の方法を選んで進んでください。

決済代行会社の仕組みで手続

下記の各手続をクリックすると、STORESでの手続の画面になります。

特別サイトになっていますので、パスワード入力が表示されたら「596」と登録してください。講座名は「講座M」になっています。

→ 入門コースの申込画面

総合コースの申込
サポート指導セット無し
サポート指導お得なセット付

弊社へ直接の手続

弊社に直接、銀行振込をする場合は、下記のフォームからお申込みください。

お問合わせ

ご質問等ございましたらお気軽にお問合せください。